エコリユースファクトリー
出典 エコリユースファクトリー:https://www.hardoff.co.jp/

コメ兵は業界最大手ということで、様々なリユース店と比較されることがあります。

それぞれの大手リユース店に特徴やメリットがあるので、しっかり納得した上で選びたいですね。

コメ兵と同じように知名度の高さと実績を誇る大型店がエコリユースファクトリーです。

「本を売るならブックオフ」で有名なブックオフなど多彩なリユース店が揃っています。

ここではコメ兵とリユースファクトリーの特徴を比較してみたいと思います。

 

エコリユースファクトリーとは?

とは?

エコリユースファクトリーを経営するのは上場会社である株式会社ハードオフコーポレーションという会社です。

1972年設立、新潟県に本社がある会社です。

エコリユースファクトリーのお店は、全国になんと887店舗あります。

ブックオフやハードオフを知らない人はいないほど全国の至る所に店舗がありますよね。

中古品を売るならブックオフやハードオフがまず思い浮かぶ方は多いと思います。

すぐに近くの店舗に売りに行くことができるという気軽さと、どんな商品でも買い取ってもらえるという便利さがあります。

 

コメ兵とエコリユースファクトリーの違いとは?

違いは

コメ兵もエコリユースファクトリーも、買取店舗が全国に展開しています。

エコリユースファクトリーの方が店舗数は圧倒的に多いですが、二社ともその知名度を生かして宅配買取にも力を入れています。

店舗に行く時間や手間を省いて自分の好きなタイミングで買取をしてもらえるということで、忙しい方には嬉しいサービスです。

それでは、コメ兵とエコリユースファクトリーはどのような点で異なっているのでしょうか。その違いを見ていきましょう。

 

買取商品について

コメ兵が強化しているのはロレックスやエルメス、ルイヴィトンなどの高級ブランド品です。

その他、ジュエリー、時計、衣料品、きもの、楽器、カメラなどの買取も強化しています。

一般的なリユース店に比べると高額の商品が多いという特徴がありますね。

一方、エコリユースファクトリーはその逆と言えます。安値の商品でも買い取ってもらえるというのが特徴です。

買取商品は多岐に渡り、それぞれカテゴリごとにお店が分かれています。

 

  • ハードオフ

AV機器、楽器、パソコンなどを扱っている買取販売店です。

 

  • オフハウス

洋服、家電、家具、インテリア、スポーツ用品、アウトドア用品を扱っている買取販売店です。

 

  • ホビーオフ

フィギュア、ゲーム、プラモデルなどのホビー用品を扱っている買取販売店です。

 

  • モードオフ

ファッションアイテムを扱っている買取販売店です。

 

  • ガレージオフ

カー用品、自転車などを扱っている買取販売店です。

 

  • リカーオフ

お酒を専門とした買取販売のお店です。

 

  • ブックオフ

本、DVD、CD、ゲームソフトなどを扱っている買取販売店です。

このように、全国887の店舗で実に多くの種類の商品を扱っています。

 

買取査定について

コメ兵が全国的に人気を集めるようになった理由は、満足の査定額だからです。

それはプロ中のプロとしてプライドを持っているバイヤーたちの力量にあります。

メーカーの方よりもその商品を知り尽くした目利きが見極めて査定するので、納得、満足の査定額と評判が高いです。

一方リユースファクトリーの査定額は比較的低い傾向があります。

全国887店舗も展開しているため、全ての店舗に全ての商品の専門バイヤーが常駐することは不可能だからです。

査定の基準はもちろんありますが、店舗のスタッフごとにバラつきがあるのは否めないようです。

また、リユースファクトリーの店舗で査定してもらったブランド品をブランド専門店で再度査定してもらったところ、4倍以上になったという口コミもありました。

しかし、他店で断られるような安い商品や劣化が目立つ商品などでも買い取ってくれたり、値段がつかなくてもそのまま引き取ってくれるなどのサービスもあります。

 

店舗の雰囲気について

コメ兵とリユースファクトリーのお店の違いは、店舗の雰囲気にあります。

コメ兵は、中古品に対するネガティブなイメージを払拭するために、敢えてデパートのような高級感、セレクトショップのようなトレンド感を重視した店舗になっています。

初めていった方はリユース店とわからなかったということも多いです。

このような店舗の雰囲気がコメ兵ならではの魅力と言えます。

一方リユースファクトリーのハードオフやブックオフの店舗は、リサイクルショップらしい雰囲気が特徴です。

棚には大量の商品が並んでおり、その中から掘り出し物を探し出す楽しさがあります。

また、全国どこにでもある店舗なので、親しみがあり誰でも気軽に入店しやすいというメリットもありますね。

どちらの店舗もそれぞれの魅力があるので、その時の気分やお目当ての商品によって使い分けたいですね。

 

以上、リユース店最大手のコメ兵とリユースファクトリーについてご紹介してきました。
高級な商品をとことん高く売りたいという場合には、ブランド専門のコメ兵がおすすめです。

買取額が安くても良いのでとにかくたくさんのアイテムを引き取ってほしいという場合にはリユースファクトリーがとても心強いですね。

どちらもそれぞれ良さがあるので、一度試してみる価値のある店舗です。

 


 

コメ兵画像コメ兵(徹底検証ページ)

KOMEHYOは、創業70年の株式会社コメ兵(東証2部上場)が運営する ブランドリユーストップシェアを誇る日本最大級のリユースデパート。総勢300名を超える専門バイヤーを有し、「安心」「信用」「メンテナンス力」「多彩な販売チャネル」「オリジナルオークションの開催」特に「スピード」も他社にはない強み。実力と価格メリットのあるリユース会社です。